やれやれ、何ヶ月ぶりの更新でしょうか・・・半年ぶりかな(笑)

今年は後半から忙しい過密スケジュールになり苦労しました。
年老いた親の世話は他人事のように思っていましたが、家も多分に漏れずでした。
今年80歳になる家内の母親が腰を痛め、家内は毎日午後から実家通いをしていました。
先月より腰の具合も良くなり、車も乗れるようになりましたが・・まだちょっと心配です。

私も週に二度ほど家内の実家を訪れ、義理の父親と畑仕事などをしています。
90になる父も口では「まだまだ大丈夫」と笑顔ですが、さすがに農作業は辛いようです。
今後は家内とも別居生活かな?とも考えています。どうなる事やら・・・。

私はなるべく午前中にその日の出掛ける用事をすませ、午後からは家内の分と自分の仕事を重ね合わせてこなしていましたが、更に10月頃から友人の夜間の仕事が人手不足なので手伝ってくれるよう頼まれ、週二・三度深夜まで・・・さすがに堪えます^^

それでも偶には友人に誘って頂き、遠征して撮影会、この時ばかりはまるで天国のようです!
素敵な景色を撮っている時が一番幸せですね! 家に戻ってから現像するとがっかりですが(笑)

◆今週からは友人の店の人手不足も解消したようで、やれやれです。
妖艶姿
(菊の写真は応募作品とは無関係です)

☆☆こんな疲れ果てる生活の中でも、とっても嬉しい知らせがありました☆☆

以前から一眼を購入したら、ダメもとでフォトコンに応募してみようと密かに思っていたのです。

ちょうど昨年の十月に一眼を購入して間もない頃に撮れた、ちょっといい写真があったので、
たしか夏頃ですが、某フォトコンに応募してみたところ・・・。

ダメもと覚悟の作品が、なんと10月末に第三次選考を通過して優秀賞に選ばれました!

去る11月8日には第四次の最終選考会が都内で開かれ、優秀賞18名と佳作36名の計54名の方が
招待を受け、最優秀賞1名を省庁や企業の方々と選考人を務め、後ほど懇談会を開くとありました。

最初は隣の写真屋さんに相談したりして、「絶対に行くべき!」と勧められたのですが、
選考会の前日が町内の方たちとの「佐渡旅行」の帰宅日で、夜間の帰宅予定ですから
連日ではさぞ疲れて厳しいだろうと最終選考会の出席は諦めました(笑)

受賞したハイレベルの作品を生み出した諸先輩と肩を並べるのはまだ到底無理です。
私は受賞できただけでも丸儲けと思っていますし、今でも夢のようです(笑)

受賞した作品は来年から各方面で使われるようで、既に承諾書とCDーRを送ってあります。

さて最終選考会ですが、その後全く連絡無しなので皆目見当もつきません。

昨年の某フォトコンの応募総数が17,000点作品なので、昨今のカメラブームからすると
さぞかし今年は18,000点の応募総数を超えてると思われます。